年寄りの食べ物!?若者でも和菓子を食べるとき

日本の伝統あるお菓子

日本の伝統のあるお菓子といえば和菓子ですよね。昔からある豆類をベースに使用して作ったお菓子が有名で、お餅と豆を組み合わせたものから、最近では見た目にもこだわった創作的なものも多く販売されていて人気があります。また日本のお盆やお彼岸といった時期には多くの人が和菓子を購入して、仏壇やお墓に供えたりする光景もよく目にします。そのように和菓子が注目される時期で、季節感を感じることも多く、昔から引き継がれてなお、今も続いている日本の伝統を感じることができますよね。

和菓子を好んで食べる人

そのような和菓子も一般的なおやつとして、最近の子供が食べる機会が少なくなっています。お菓子も種類が豊富になってきて、いわゆるスナック菓子に代表されるような、いろいろな成分を含んだものが好まれて食べられていますよね。気軽に食べられて、また味もいろいろなものがあって、見た目にも人気のキャラクターが袋に印刷されていたり、また中にはおまけも充実しているために、多くの子供たちはそのようなお菓子を好むようになっていて、和菓子を日ごろから食べる習慣がなくなりつつあります。

おじいちゃんやおばあちゃんが好む和菓子

しかし逆に高齢者によっては、今のスナック菓子のような濃い味も物であったり、いろいろな成分が含んでいることに対して拒否反応を持つ人も多く、昔からの自然で素朴な味わいの和菓子を好む傾向にあります。手軽に食べることができる和菓子も多く、どら焼きやようかんといったものは、若者でも食べる人もいますよね。独特な甘さが人気だったり、また逆に最近のダイエット志向から甘さを控える傾向にあり和菓子から離れる若者も多いですが、しかし日本の伝統的なお菓子を季節の行事において食べることは今後も続いていくことでしょう。

ずんだ餅は宮城県の伝統的な郷土料理です。新鮮さが鍵になりますので、地元でできたてをいただくのが一番です。