おしゃれだけじゃない!愛犬の洋服の選び方

犬種によってちがう洋服の必要性

そもそも犬に洋服が必要なわけは、おしゃれというほかにも、冬の寒さ対策、大量の抜け毛対策のためというのがあります。特にシングルコート(年間通じて薄いひとつの毛)で短毛種の場合は、ダブルコート(冬のもこもこした毛と夏の薄い毛の両方を持つこと)の犬種に比べて一段と寒さに弱いため、冬の暖房のきいた家の中でも洋服を着せて保温する対策をとった方が良いといわれています。また、ダブルコートの犬種や毛の生え換わりの時期などには、犬が少し歩いただけで大量の抜け毛が次々と出て飛んでくるので飛散防止のためや掃除のしやすさの事も考えて、服を着せると良いといわれているのです。

犬種問わず持っておきたい洋服

寒さや抜け毛のほかにも、もともと体温の高い犬にとっては過酷な季節があります。そう、人間でもつらい猛暑の夏です。けれど、夏は水遊びやキャンプ、旅行など人間も犬も一緒に楽しめるイベントが多い楽しい季節ですよね。家族そろって犬と旅行に出かける時にお役立ちの洋服が俗に「クールベスト」とよばれるもので、着るとひんやり涼しい洋服で、これは水を含ませて涼しくするタイプなので繰り返し使えて経済的です。そして、自然公園やキャンプなどでは、着るだけで虫よけ効果のある洋服もありますので、こういったものは犬種問わず1枚は持っておきたい洋服ですよね。

犬に洋服を着せるのは、もはやマナーのひとつ

一昔前、ペットブームの流れに便乗するように現れた「愛犬に着せる洋服」という文化ですが、出始めは「なぜ犬に洋服?おしゃれなんて必要ない」と、あまり日本では受け入れられなかったものですが、今ではすっかり定着していて犬が洋服を着ていても何とも思わなくなっています。犬の洋服はおしゃれだけじゃなく、寒さや暑さ対策、抜け毛に虫よけ対策などの機能面でも必要であり、ほかの犬や人間に対して迷惑をかけないマナーのひとつとなっています。

犬の洋服には普段着以外に、フォーマルなもの、コスプレ衣装などもあります。こうしたものはパーティのときなどに活躍します。