結婚指輪を選ぶ基本とは!?デザインやお店の選び方

まずはデザインや素材。二人の意見が合う物を選ぼう

結婚指輪は左手の薬指につける永遠の愛の証です。どんな挙式スタイルを選んでも指輪交換というのは行われるので、無くてはならない物でしょう。素材はプラチナとゴールドが主流ですね。色身でいうと金と銀になりますが、最近ではピンクゴールドやホワイトゴールドなどの配色も人気です。常日頃着けておくものなので、あまり日常生活に邪魔にならずシンプルな物が良いですよね。男性も着けることを考えると、仕事中でもおかしくないデザインの物を選んだ方が無難でしょう。

結婚指輪の購入には余裕を持って

シンプルな結婚指輪ですが、意外と作成には時間がかかるもの。世界で唯一二人だけのために作られる物であるため、新郎新婦のイニシャルを刻印したり、挙式の日付を入れたりと購入してから平均二週間はかかるものなのです。また最近ではオリジナルで作られた一点物の指輪も人気ですよね。デザインから内側に入れる石まで自分達で選べ、既製品の指輪とは違う魅力があります。そうした指輪ほど作成には時間がかかるもの、遅くとも挙式の一ヶ月前には結婚指輪の準備に取りかかりましょう。

どこで購入する?!結婚指輪のお店とは

結婚指輪は一生身に付けるもの。お気に入りのブランドやお店があればそこで選んで構いませんが、もし店員さんの態度がちょっとイマイチだったり気に入ったデザインがなければ他のお店も考えた方が良さそうです。また、挙式をする場所で結婚指輪の割引サービスを提携しているお店もよくあります。一般のお店に比べ同じようなデザインリングが2、3割安く購入できる事もあるので行ってみて損はないはず。さらに、アフターサービスが充実しているお店を選ぶと安心ですね。

結婚指輪は夫婦をつなぐ大切なもの、その為こだわりたいと考える人も多いのではないでしょうか。そんな人は自分でデザインしてみてはいかがでしょうか。