旅行好きな人必見!ありがた迷惑なお土産3選

名物とはいえ、おいしくないお菓子

食べ物は消耗品なので、気軽にあげられるお土産として選ばれます。特に、ご当地名物のお菓子は、そのレア感からお土産に選ばれる率も高く、貰った人に物議をかもしているようです。しかし、貰ってありがた迷惑なお土産として1番に選ばれたのは、美味しくないお菓子です。お菓子をお土産を選ぶときは、甘党、辛党などを把握しておくのはもちろんの事、本当にそのお菓子がおいしいのかどうか、試食してからにするのが無難でしょう。

持て余してしまうキーホルダーやストラップ

選ぶ側にとって、キーホルダーやストラップは、値段もお手ごろでかさばらず、優秀なお土産ナンバー1といえるでしょう。しかし、貰う側からすると、趣味が合わなかったり、たくさんもらい過ぎて使い道がなかったりと、持て余してしまうことが多いようです。年齢が上がるほど、お土産のキーホルダーをつけることに恥じらいを感じる人も増えるので、どうしてもあげたい時は、小学生や中学生など、年齢層の低い層へのお土産にするのがよいでしょう。

どこに置けばいいのかわからない置物

旅行に行くと、普段は目にしないような珍しい置物やオブジェなどに遭遇し、一目惚れしてしまうこともあります。しかし、お土産にうってつけだと思って渡しても、相手はあまり喜んでいないこともあるようです。せっかく貰ったのだから飾らなければと、変に気を使わせてしまうことにもなりかねません。人それぞれのインテリアの趣味もあるので、旅先で素敵な置物だと思ったら、人のためではなく、自分のためのお土産として購入しましょう。

東京の土産も多くのものがあります。ひよこなど、わりと都内どの駅でも買うことのできる昔からあるものから、渋谷などで最先端のお土産を見かけることもあります。