自然と共に生きる!住宅における屋上緑化のメリット

夏場の温度上昇を防ぐ高い断熱効果

建物の屋根や屋上の部分は日射を最も受けやすい場所であり、夏場の温度上昇の要因の一つになっています。屋上緑化を実施すると、芝生の土壌や芝生自体が層になっているため、それだけで断熱効果があり、さらに雨が降ると緑化部分の蒸発が促されることで気化熱を奪うので、夏場の温度上昇を防ぐ効果があるのです。夏場の最上階が暑くて困っている方は、屋上緑化で温度上昇を抑制して、快適な室内環境を作ってみてはいかがでしょうか。

光熱費を削減!省エネルギー効果

屋上緑化を実施することで、夏場の部屋の温度上昇を抑制できるということは、それだけ冷房が必要な時間も削減でき、温度設定についても高めの設定で済みますので、電気エネルギーの抑制にも繋がります。また、冬場の暖房時も高い断熱効果のおかげで設定温度が低めでも効果的に部屋を温めることが出来ますので、年間を通して光熱費が削減できますよ。通年で電気エネルギーを削減することにより、地球規模で省エネルギーに貢献できるというメリットがあるのです。

建物の寿命が延びる!維持費にも効果的

住宅の屋根や屋上は定期的に防水層を更新したり、屋根を張り替えたりするメンテナンスが必要です。これは紫外線を含んだ直射日光を毎日浴びている関係上、徐々に屋根材や防水層が劣化するためであり、メンテナンスを怠ると漏水などのトラブルに発展してしまいます。屋上緑化を実施すると、屋根材や防水層を保護する役割も期待できますので、直射日光による影響を軽減でき、屋根材や防水層の更新頻度を遅らせ、メンテナンスコストを抑制することが出来ますよ。

芝や畑で大規模な屋上緑化を実施するとヒートアイランド現象の緩和につながりますので、現在は多くの高層ビルで緑化が採用されています。